• QRコード読取り方法
  • QRコード読取り方法
  • 登記識別情報通知(書面)のQRコードの読み取り・解析イメージ
  • ① バーコードリーダーを使用して、QRコードをダイレクトに読み取る方法
  • ② Webカメラを使用して、QRコードを画像情報として取込み、解析する方法
  • ③ 登記識別情報通知書をスキャナで画像情報として取込み、解析する方法スキャナを使用する場合、
      登記識別情報通知書を複数枚をスキャンしておき、一括解析することができます
  • OfferForm(登記識別情報提供様式)の作成が簡単に!
  • QRコードを自動読取することで、これまで手入力していた「登記識別情報」「受付年月日」「受付番号」等の情報が一括入力できますので、スピーディでかつ正確に作成することができます。
  • 物件と登記識別情報の一括管理で登記識別情報有効証明請求も簡単に!
  • 事前に登記情報提供サービスから物件をデータ取得していた場合に、後から自動読取した登記識別情報の「不動産番号」をキーにして、「物件+登記識別情報」として一体管理できます。また、名義人情報も物件の情報からマウスで関連付けできますので、大量の登記識別情報有効証明請求も完全自動で作成できます。