• 楽々・案件管理 Personal
  • 楽々・案件管理
  • Expert Series
  • Expert Series
  • Expert Series
  • Expert Series
  • Expert Series
  • 楽々・案件管理 Personal
  • 楽々・案件管理 Ver.3.02バージョンアップ内容
  • 新環境への対応
  • (1) 一太郎2014へ対応しました。
  • システムデータ更新
  • (1) 郵便番号、地名辞書を2014年1月末時点のデータに更新しました。
  • (2) カレンダーの祝祭日に2016年のデータを追加しました。
  • (3) システム裁判所名簿のデータを改訂しました。(熊本市の政令指定都市化対応)
  • (4) システム警察、検察名簿のデータを改訂しました。(熊本市の政令指定都市化対応)
  • 楽々・案件管理 Ver.3.01バージョンアップ内容
  • 新環境への対応
  • (1) Office2013(32bit版)へ対応しました。 ※64bit版は非対応です。
  • (2) 一太郎2013へ対応しました。
  • システムデータ更新
  • (1) 郵便番号、地名辞書を2013年4月時点のデータに更新しました。
  • (2) カレンダーの祝祭日に2015年のデータを追加しました。
  • (3) 裁判所名簿のデータを改訂しました。
  • (4) 請求書、領収書のひな型書式を改訂しました。(源泉徴収税率を10.21%へ切替、消費税率8%、10%のシートを追加)
  • 楽々・案件管理 Ver.3.00sp4 バージョンアップ内容
  • システムデータ更新
  • (1) 郵便番号・地名辞書(平成24年8月末のデータに更新)
      平成24年8月末時点の日本郵便の公開情報をもとに更新
  • (2) 裁判所・警察・検察
      「平成24年版登記所・裁判所・警察署便覧」を元に裁判所データの一部改訂(2012/10/24)
  • 楽々・案件管理 Ver.3.00sp3 バージョンアップ内容
  • 新環境対応
  • 一太郎2011、2012年に対応しました
  • システムデータ更新
  • (1)郵便番号・地名辞書(2012年3月末のデータに更新)※ 事業所の個別郵便番号にも対応!
  • (2)カレンダー祝祭日(2014年分まで更新)
  • (3)裁判所、警察、検察、「平成24年版登記所・裁判所・警察署・便覧」を元に更新
  • 楽々・案件管理 Ver.3.00sp2 バージョンアップ内容
  • 新環境対応
  • (1)Windows7に対応しました
  • (2)Office2010に対応しました
  • (3)一太郎 2009、2010に対応しました
  • システムデータ更新
  • (1)郵便番号・地名辞書(2010年5月末のデータに更新)
  • (2)カレンダー祝祭日(2012年分まで更新)
  • 楽々・案件管理 Ver.3.00 バージョンアップ内容
  • 案件管理の改良点
  • (1)事件の登録、管理に関する改良
  • ①案件の区分変更
  • 既に登録されている案件の区分(民事事件、刑事事件、行政事件、他事件、裁判外業務)を簡単に切替える機能を装備しました。
  • ②「手続の種類」に「(未設定)」を追加
  • 事件登録時に、手続の種類が決まっていない場合などを想定し、事件シートの「手続の種類」欄に「(未設定)」を追加しました(相談以外)。
  • ③「手続の種類」の拡充
  • 裁判外業務の「手続の種類」に、「不法行為」など20種類の「手続の種類」を追加しました。
  • ④「分類」欄表示幅の設定保持
  • 進行中/終結案件一覧画面左の「分類」欄の表示幅を変更した場合、各端末で変更した表示幅を記憶できるように機能改良しました。
  • ⑤事件番号入力ツールの改良
  • 事件番号入力時に、年や番号などの「数字・記号」をキーボードから軽快に入力できるように改良しました。
  • ⑥ユーザー用語登録ツール
  • 事件名や案件タイトルなどを入力するツールに、利用頻度の高い用語をユーザー登録できる機能を付加しました。
  • ⑦依頼者/相手方の読み仮名(ふりがな)順ソート
  • 進行中案件一覧、終結案件一覧で、依頼者あるいは相手方欄をクリックしたときに、従来の漢字コード順ではなく、登録されている読み仮名順に並び替えができるように改良しました。
  • ⑧詳細検索の検索期間指定ツールを改良
  • 詳細検索画面で、対象となる受任日(終結日)の範囲を指定する際、月単位で検索期間を変更できるように改良しました。
  • 「事件詳細」の改良
  • ①関与者編集画面のレイアウト変更と管理項目拡張
  • 関与者編集画面のレイアウトを変更し、拡張項目を管理しやすく改良しました。また、個人の勤務先関連情報を追加しタックシールに反映できるように改良しました。
  • ②名簿からの関与者一括登録機能
  • 関与者の[新規追加]に、[名簿から一括追加]機能を装備しました。よく使用する債権者等を住所録に登録しておき、一括登録することができます。
  • ③CSV入力
  • CSV形式のファイルに登録してある人や会社のデータを、事件の関与者として取り込むことができるようになりました。
  • ④案件内の関与者宛・裁判所宛タックシールの印刷
  • 案件フォルダの「事件詳細」から、関与者宛・裁判所宛のタックシールの印刷ができるようになりました。
  • ⑤タックシールの個別複写機能
  • タックシールの個別複写ができるようになりました。編集モードで宛名などのレイアウトを変更したタックシールの複写や、印刷枚数の異なる宛先を一度に印刷(依頼者用2枚、相手方用4枚など)できるように改良しました。
  • ⑥関与者の住所録への登録を追加
  • 事件詳細の関与者一覧画面から、登録済の関与者情報を住所録にコピーできるよう改良しました。
  • ⑦事件簿、相談カードに反映する関与者の種類選択ツールを追加
  • 事件簿、相談カードを作成する際、書類に表示する関与者の種類を選択できるようになりました。
  • ⑧メーラー起動機能の追加
  • 顧客の連絡先にE-Mailメールアドレスが登録されている場合に、E-Mailアイコンをクリックすると、宛先の初期値が設定された状態でメールソフトが起動できるように改良しました。
    ※この機能を利用するには、Microsoft Outlook Express又はWindows Mailでメール送信できる環境が必要です。
  • 「期日経過」の改良
  • ①予定・期日編集の時刻の入力方法を改良
  • 時刻の入力ツールを改良しました。
  • ②予定・期日の編集画面の変更
  • 予定・期日の編集画面の備考欄を大きくし、スクロールバーで表示できるように変更しました。また、関連事件情報欄に、事件名に加えて依頼者名を表示できるように改良しました。
  • ③期日の表示件数を増加
  • 各期日間の空行幅を縮小し、より多くの期日が一覧できるように改良しました。
  • ④簡易経過報告書の印刷機能を追加
  • 期日経過情報を元にした、簡易経過報告書の自動作成機能を追加しました。経過報告書はExcelシート上にA4縦置きのレイアウトで出力されますので、二次加工もできます。
  • ⑤「期日」に既登録の文書を関連づける機能
  • 案件内の既登録文書を期日情報と関連づけられるように改良しました。
  • 「書類」の改良
  • ①「文書雛形一覧」画面の選択情報の記憶
  • 文書雛形一覧で、前回表示した目次の展開状態・選択文書を記憶できるように改良しました。
  • ②案件内文書の雛形登録機能を追加
  • 案件フォルダ内に既に登録されている文書を、文書雛形として登録することができるよう改良しました。
  • ③「文書雛型一覧」の「区分」登録手順を改良
  • 「文書雛型一覧」へ外部書式を登録、または既登録書式を移動する際などの効率化を目的として、「文書雛型詳細」の「区分」入力ツールを改良し、該当文書の保存先を既登録の文書雛型一覧から直接選択できるようにしました。
  • ④文書検索・複写時に内容確認できる機能を追加
  • 検索した文書の内容を、複写前に参照できるように改良しました。
  • ⑤終結した事件をデータ反映の対象から外す設定を追加
  • 案件内に、複数手続き(事件)がある場合の書類反映データの選択手続きを省力化するため、終結状態の事件詳細シートを初期のデータ取得候補から除外する機能を追加しました。
    この機能を利用すると、相談から立件を行った後など、進行中の手続きが1件しかない場合は、書類へデータ反映するシートを選択しなくてもよくなります。
  • マイページの改良点
  • 予定に関する改良
  • ①予定表の初期表示画面の設定機能追加
  • マイページの「予定表」を表示する際の初期表示画面を、「週間表示」または「カレンダー」にユーザー設定できるように改良しました。
  • ②週間表示の表示期間を2週間に変更
  • 週間表示画面で、今日を含む週と翌週の2週間(日曜~翌週土曜)を表示できるように改良しました。
  • ③予定画面右下の作業一覧を日付順に配置
  • 週間予定表右下の作業一覧を日付順に並べ替えできるように改良しました。
  • 作業に関する改良
  • ①作業の編集画面を改良
  • 備考欄を大きくし、スクロールバーを表示するように変更しました。
  • ②作業項目のコピー機能を追加
  • 既存の作業をもとに、新たな作業をコピー作成する機能を追加しました。
  • ③一括既読・未読/一括既済・未済の処理機能を追加
  • 複数の作業をまとめて、既読・未読/既済・未済処理ができるように改良しました。
  • 文書管理の改良点
  • ①詳細検索の検索期間指定を改良
  • 詳細検索画面で文書登録・更新期間の範囲を指定する際、月単位で検索期間を変更できるように改良しました。
  • 住所録管理の改良点
  • ①編集画面のレイアウト変更と管理項目拡張
  • 住所録編集画面のレイアウトを変更し、拡張項目を管理しやすく改良しました。また、個人の勤務先関連情報を追加しタックシールに反映できるように改良しました。
  • ②参照一括登録機能追加
  • 案件の関与者情報を一括参照(コピー)して住所録に登録する機能を追加しました。
  • ③新たな一括更新機能の追加
  • ・従来の[一括更新]機能を、[マーク]機能に表記変更しました。
    ・新たな[一括更新]機能として、「名簿分類」や「名簿区分」等を一括して更新する機能を追加しました。
  • ④詳細検索の検索対象項目追加
  • ・詳細検索で検索できる項目を追加しました。
    ・さらに、各検索項目が検索対象とするデータを拡張し、より実務ニーズに即した検索ができるように改良しました。
    (例えば、「氏名・商号」で検索をすると、名称だけでなく、勤務先名称や代表者氏名、担当者氏名なども対象として検索を行うことができます。)
  • ⑤一覧表示設定の項目追加
  • 住所録の一覧画面に表示できる項目を追加しました。
  • ⑥CSV入出力対象となる管理項目の拡張
  • 住所録データのCSV入出力の際に、対象となるデータ項目を増やし、他の住所管理システムとのデータの入出力の実用性を高めました。
  • ⑦CSV入力時の名簿区分一括変更
  • CSVデータを取り込む際、「個人」や「法人」などの名簿区分を一括変更できるように改良しました。
  • ⑧タックシールの個別複写機能
  • タックシールの個別複写ができるようになりました。編集モードで宛名などのレイアウトを変更したタックシールの複写や、印刷枚数の異なる宛先を一度に印刷(依頼者用2枚、相手方用4枚など)できるように改良しました。
  • ⑨件数現在表示数の表示
  • 住所録一覧の左下に、一覧上表示されている住所録の件数を表示するように改良しました。
  • ⑩メーラー起動機能の追加
  • 顧客の連絡先にE-Mailメールアドレスが登録されている場合に、E-Mailアイコンをクリックすると、宛先の初期値が設定された状態でメールソフトが起動できるように改良しました。
    ※この機能を利用するには、Microsoft Outlook Express又はWindows Mailでメール送信できる環境が必要です。
  • 関与者検索の変更点について
  • ①詳細検索の検索期間指定を改良
  • 詳細検索画面で受任日・終結日の範囲を指定する際、月単位で検索期間を変更できるように改良しました。
  • 帳票の変更点について
  • ①帳票の出力形式の変更
  • 以下の帳票について、これまでのプレビュー形式(編集不可)から、Excelを利用して自由に編集可能な形式に変更しました。これに伴い、該当の帳票の印刷にはMicrosoft Excelが必要になりますのでご注意ください。
    ・事件簿、相談カード
    ・進行中事件一覧、進行中相談一覧
    ・新規受付事件一覧、新規受付相談一覧
    ・全事件一覧、全相談一覧
    ・終結事件一覧、終結相談一覧
    ・事件経過一覧、事件経過シート一覧
    ・相談経過一覧、相談経過シート一覧
    ・期日シート
    ・担当作業一覧
  • ②履歴管理
  • Excel形式の帳票では、文書管理内のExcel文書と同様に履歴管理ができます。このため、変更前の帳票の内容を確認したり、変更前の状態に戻すことができるようになります。
  • ③帳票作成時の出力条件追加・変更
  • 案件詳細の事件簿や期日内の印刷物など、各帳票作成時の作成条件を改良し、より実務にマッチする帳票作成ができるように改良しました。
  • その他の変更点について
  • ①バックアップ機能の拡張
  • ・差分バックアップを新たに実装し、バックアップを高速化しました。
    ・また、従来のバックアップ処理毎にバックアップデータの保存場所を指定する方式から、予めバックアップ場所を登録する方式に改良しました。
  • ②各種一覧のカーソル位置記憶
  • 案件一覧、住所録一覧等で、一覧画面の切り替えを行った際、直前に表示していたカーソル位置を記憶できるように改良しました。
  • ③時刻入力支援ツール
  • 時刻入力ツールの時刻表示部分を広くしました。
  • ④ユーザー裁判所の管理項目追加
  • 従来のユーザー裁判所の部係情報(「担当部係」「TEL」「FAX」の基礎データ)に加えて、「法廷」「裁判官」「書記官」「内線番号」もユーザー登録できるよう改良しました。
  • ⑤アカウント管理
  • 従来は、所員名簿に登録されている所員を全員削除すると、「楽々・案件管理」を起動しても誰もログインできなくなっていました。これを回避するため、所員名簿に登録されている所員が1名しかいない場合、削除できないように変更しました。
  • ⑥システムデータベース更新
  更新データ 備考
郵便番号・地名辞書 2008年11月時点の日本郵便の公開情報をもとに更新
裁判所・検察庁・警察庁データ 平成20年度のものに更新
カレンダー祝祭日 2009~2011年分の祝祭日情報を更新
  • ⑦事件簿、相談カードに反映する関与者の種類選択ツールを追加
  • ・関与者の「関連」、「地位」のデータが同一である案件(「相手方」など)の場合、書類に関与者のデータを反映する際、1名であるのに2名反映されていた事象を修正しました。
    ・関与者検索画面で、関与者が誰も表示されていない状態で[削除]ボタンをクリックしたとき、無関係の案件を削除しようとする事象を修正しました。
    ・書類を外部取り込みした場合、文書詳細の作成者が保存されず、常にログインユーザーが作成者として表示されていた事象を修正しました。
    ・関与者一覧で、事件情報をもとに簡易検索するとエラー表示されていた事象を修正しました。