弁護士システム“護”| なるほどまもる(セミナー&お客様レポート)

  • 弁護士システム“護”(まもる)
  • 機能詳細
  • 破産管財パワーアップキット
  • 任意整理パワーアップキット
  • タイムチャージパワーアップキット
  • システム構成・動作環境
  • ソフトウェア保守
  • 資料請求
  • カタログダウンロード
  • なるほどまもる
  • スマホでつながるサービス
  • 楽々案件管理へ
  • タイムチャージ
  • 任意整理
  • タイムチャージ

  • ■商品名
  • 「タイムチャージ管理」パワーアップキット
  • ■取り扱い
  • “護”の機能拡張ソフトウェアとなりますので、“護”がインストールされた環境に追加インストールすることにより動作します。本製品単独でのご利用はできません。
    価格等につきましては、弊社または販売店へお問い合わせください。
  • ■製品の特徴
  • ・本ソフトウェア導入により、“護”の総合的な業務管理・事務処理支援機能に加えて、「タイムチャージ」に特化した、顧問先単位の報酬金管理や案件単位の報酬金管理できます。
  • ・「タイムチャージ管理」パワーアップキットの主要画面
  • 実務に即応・柔軟な顧問先タイムチャージ管理
  • ■顧問先の多様な契約条件に対応
  • ●顧問先の作業単価は、「顧問先毎に固定」方式、または「担当弁護士の時間単価連動」方式を選択できます。また、これら基本条件による自動処理以外に、個別の作業実績伝票に対する調整も可能で、多様な実務運用に柔軟に対応できます。
    ●また顧問料に含まれる無償作業についても、「作業時間上限」又は「報酬額上限」を設定して、その状態を常に表示・把握し顧客サービスに役立てることができます。
  • ■顧問先の作業実績を素早く入力
  • ●「作業タイトル」や「作業時間」を登録するだけで、顧問先毎に設定された報酬算定条件に従って作業料金を自動計算します。
    ●日時」や「作業タイトル」等の入力は、入力支援ツールを活用して効率よく行うことができます。
    ●また、顧問先を選択して登録した作業実績伝票は、様々な管理局面で自動的に該当顧問先に結びつけて管理されます。
  • ■月次精算処理も楽々
  • ●未精算の作業実績伝票の自動選択機能により、効率の良い精算処理ができます。もちろん自動処理だけでなく、手動で対象の作業伝票を抽出(対象となる伝票の期間指定など)することもできます。
    ●精算の対象となる伝票の個別選択、請求書の税処理設定(内税・外税、源泉有無)など、状況に応じて柔軟な精算処理ができます。
    ●精算書や請求書はそのまま印刷できる状態のExcelファイルとして出力されます。このため、事案に応じて自由に編集もできます。
  • ■その他、応用範囲の広い管理機構
  • ●作業実績伝票には「メモ欄」の他に、「分類欄」という仕分け項目を設定しています。「分類欄」を活用し、顧問会社内の「支店」や、会社内の「部署・担当者」などを単位とした管理ができます。一覧画面左側に表示される「分類欄」の該当する「分類アイコン」をクリックすると、対象グループだけの作業実績伝票を素早く抽出することができます。
    ● 管理画面右下の時間(or金額)は、常に現在表示対象となっている「作業伝票」の合計金額となります。このため、上記「分類欄」でグループ分けした対象毎の累計もすばやく参照できます。
    ●「一括処理」機能を利用して、伝票の「作業単価」や「分類」、「精算状況」などをまとめて調整することもできます。
    ●顧問先詳細の一覧画面は、画面表示に準拠した形でExcelファイルとしてデータ出力できますので、管理・分析データとして二次利用することができます。
  • 案件単位のタイムチャージ管理も楽々
  • ■案件単位で効率よくタイムチャージ管理
  • ●案件内で登録した作業実績伝票は、様々な管理局面で自動的に該当案件に結びつけて管理されます。さらに、案件が顧問先と関連づけられている場合には、作業実績伝票は顧問先にも結びつけられ、「案件」、「顧問先」の何れの切り口からも管理・精算処理できます。
    ●日時や作業タイトルなどを入力するだけで、「作業担当弁護士の単価」と連動し作業料金を自動計算します。日時や作業タイトル等の入力は、入力支援ツールを活用して効率よく行うことができます。
  • 局面に応じて簡単・軽快な作業実績登録
  • ■局面に応じた多様な作業実績伝票の登録方法
  • ●作業実績伝票の登録者(弁護士、秘書など)や作業の属性(顧問先関連、案件関連など)などに応じて「顧問先」「案件」「タイムチャージ管理」の3画面から、最も効率の良い場面を選択して作業実績伝票を登録することができます。
    ●主に弁護士の先生方が自身の作業実績を登録する際には、「顧問先」、「案件」を選択することにより効率よく作業実績が登録できます。
    ●秘書の方が登録を行う場合など、実作業者と作業実績登録者が別の場合には、「タイムチャージ管理」から複数の作業実績伝票を手早く、必要最小限の入力操作で伝票を登録することができます。また、この場合にも、簡単な操作で「案件」や「顧問先」との関連づけ処理が行えますので、関連づけを行うことで、より効果的な作業実績管理ができます。
    ●さらに、「タイムチャージ管理」から作業実績を登録する場合には、既登録の「予定(スケジュール)」や「作業(期限管理)」のデータも活用できます。
  • タイムチャージ管理データの多角的な活用
  • ■顧問先全体に対する管理・一括精算処理
  • ●タイムチャージ運用を行っている顧問先全体の「未精算の作業累計」等の状態を一目で把握できます。
    ●この画面から各顧問先に対して、月次の精算処理を行うことができます。
    ●「主担当弁護士」での顧問先絞り込みや、「未精算作業が月次無償範囲を超過した顧問先」の抽出を素早く行えます。
    ●顧問先精算処理一覧画面は、画面表示に準拠した形でExcelファイルとしてデータ出力できますので、管理・分析データとして二次利用することができます。
  • ■担当弁護士毎に作業実績や履歴を編集整理
  • ●タイムチャージ運用を行っている案件だけを抽出して、「未精算の作業累計」等の状態を一目で把握できます。
    ●この画面から各案件に対して、月次の精算処理を行うことができます。
    ●案件精算処理一覧画面は、画面の表示に準拠した形でExcelファイルとしてデータ出力できますので、管理・分析データとして二次利用することができます。
  • ■作業実績管理
  • ●主担当弁護士毎の作業実績や精算状況などを効率よく把握できます。作業実績一覧画面は、画面の表示に準拠した形でExcelファイルとしてデータ出力できますので、管理・分析データとして二次利用することができます。