開業にあたりご苦労されたことや仕事を軌道にのせるために頑張ったことなど勇気の出る先輩司法書士の声をご紹介!








  •  

 
  • new
  • 刈谷 裕治 様
  • 『かりや司法書士事務所』
  • ■開業地:高知県吾川郡いの町
    ■合格年度:平成29年
    ■開業年度:平成30年
  • 人間関係を大切に地元の人たちに頼られる存在になる!
  • 開業のきっかけはどのようなことでしたか?
  •  私は高校を卒業して介護用品関係の会社に9年間勤めて退職しました。それで、もともと実家が自営業をしていて兄弟があとを引き継いでいるんですけど、その影響もあったと思うのですが私自身に独立したい気持ちがずっとあって、これをきっかけに独立しようと考えたんです。その時は司法書士とか行政書士の事とか全然知らなくて、とりあえず独立できたらなんでもいいやって感じでたまたま本屋でいろいろ調べていたら、司法書士だったら在庫を持たなくってもいいと知って、これだ!と思ってそこから猛勉強を始めました。この時は司法書士の仕事の中身とかは全く調べなかったです(笑)。ほかには私自身に「ある意味父親を超えたい」というのもあったかもしれないですね。
  • 開業地はどのようにして決めましたか?
  •  開業するなら田舎より人の多い大阪や東京とかの都会の方がいっぱい仕事があるかもとほんの少しだけ考えたんですけど、前職で何カ所か県外への転勤も経験しましたし、もうそこまでしんどいストレスを抱えながら仕事をするより、地元の方がいいと考えたんです。
     地元なら実家が自営業をしていて名前を出したらすぐに誰それの息子だと分かってもらえる地盤があるのでそれを利用しない手はないなと思いましたし、親せきや知り合いがたくさんいるのでいろんな縁があってよい仕事ができるなと思って地元での開業を決めました。実際に開業後に知り合いがいなくて苦労される話はあると思いますが、そういった部分では地元で開業したおかげでそのようなことに苦労はなかったです。
     あと、地元の「いの町」を調べたところ町の人口に対して資格者の人数もちょうど良い感じがしたというのもありました。
     田舎なので商業登記は少ないかもしれませんが、地域の人達からいろんな相談をしてもらえるような存在になって、実力をつけてたくさんの問題を解決できるようになりたいです。
  • 開業地にかなりのこだわりを感じましたが、他にこだわりはありましたか?
  •  こだわりと言えばやっぱり場所になりますかね。事務所が狭いのは嫌だったので広い事務所を探したり、商店街や役所の近くなど、とにかく人が多く集まる場所の近くがいいと思ってこだわって探しました。せっかく町の中心部に事務所が見つかったので、それを利用しない手はないなと思って、看板を通りから人目につきやすくなるように大きく目立つようにして宣伝効果も狙っています。
     あと、事務所名はできるだけやわらかいイメージにしたかったというのがあって、漢字ではなくひらがなで「かりや司法書士事務所」としました。ほかには、インターネットで検索したら事務所がでてくるように、Googleさんの無料の登録サービスを使ったら翌日から検索で出てくるようになりました。事務所もストリートビューで見られたり、Googleさんで提供されている事務所写真もすぐに出てくるようになりました。ホームページがなくてもインターネットで見つけてもらえるようになったのでとても良かったです。ただ、ひらがなの事務所名にしたので、ひらがなでの名前はヒットするのですが、名前を漢字にして検索するとヒットしないので、どちらでもヒットできるようにしたいのが今の悩みです。あと事務所写真とかも新しいものをアップしたいですね。
  • 開業予算はどのように考えてましたか?
  •  私の場合は400万円程度を融資で受けて、300万円程が準備資金、100万円程を運転資金として用意してなんとかなりました。ただ、車は新しく用意しませんでしたし、機械関係や書籍は中古で購入したり譲ってもらったものも結構あるので、全部新しく用意するともっとかかっていたと思います。
     ところで話は少し変わりますが、新人研修会とかだと融資は日本政策金融公庫の説明を受けるんですけど、私の場合は地元の銀行と関係を持つことができればそのあとに仕事を紹介してもらえるかもしれないなと思ったので、地元の銀行を通して信用保証協会の保証の融資を受けました。思った通り開業前から銀行担当者と関係を持つことができたのと、開業のアピールが同時にできてとても良かったです。
  • 専用システムを導入することに関してはどのようにお考えでしたか?
  •  私は実務経験があまりないので最初からシステムを頼りにやっていこうと考えていました。
     研修は2つの事務所で受けたのですが、その研修先では専用システムを使っている事務所と使っていない事務所がありまして、システムがない場合は不動産や人の入力はどうしても自分で入力するしかなくて、本当にこれが大変で…その時の経験から自分にはシステムが必須だと考えていました。ミスするのが一番怖かったですし、チェックや作業に使う時間を他のことに使いたいとも思っていました。なので私はシステムはどんなに高くても最初から入れると決めていました。
  • 開業時に困ったことはありましたか?
  •  とにかく開業まで時間がかかったところですかね。
     最初から独立するつもりではいたのですが、合格して研修を受けて認定考査が終わるまではそれに集中しようと思っていたので、それまでは特に開業の準備はしていなかったです。で、いざ準備を始めるとやることが多くて終わりがまったく見えなかったんです。見えてきたのは事務所が決まったところあたりからですね。
     事務所探しに時間がかかるのはもちろん、回線関係も結構時間がかかります。事務所が決まってからの申込になりますので先に手配することはできませんし、申し込んでから工事やらなんやらで使えるようようになるまでにはかなり時間がかかりました…あと、準備していた正式な看板や名刺がなかなか使えない事があって、いま正に困ってます。どうしてかっていうと、私の場合は司法書士と行政書士の資格をもっているので同時に二つの会へ登録をしようと申し込みをしたんですけど、これは全国的に同じなのか高知だけなのかはわかりませんが、行政書士会の方は司法書士会の登録が完了した後じゃないと受付をしてくれないとのことで遅れての申込になりました。今は行政書士の登録待ちなので、行政書士の看板は隠していますし、名刺も別に用意したりと苦労しています。
  • これから開業される先生方へのアドバイスはありますか?
  •  アドバイスというか参考になればですが、私は実務経験があまりなかったので、分からないことがあると研修先の先生や新人研修会で知り合った同期にいろいろと相談にのってもらっています。また、普段は事務所の周りの商店に挨拶に回ったり、商工会とかの行事には積極的に参加したり、依頼してくれたお客様にはホウレンソウに注意するとか、とにかく知り合った人達との人間関係を大切にするように心がけてます。豊かな人間関係はより良い仕事に繋がるかと思います!

 
  • new
  • 加陽 麻里布 様
  • 『あさなぎ司法書士事務所』
  • ■開業地:東京都千代田
    ■合格年度:平成29年
    ■開業年度:平成30年
    ■ホームページ:https://asanagi.co.jp/
  • SNSを活用して新たな司法書士像をアピール
  • 事務所名を決めた理由はなんですか。
  •  加陽司法書士事務所のような自分の名前が入った事務所名は考えていませんでした。私は将来、事務所を法人化したいとずっと思っているので、法人化したときに見栄えがする名前、なんかやってくれそうだなと思われる名前にしようと考えたんです。また、女性がやっている感じを出したかったので、平仮名で語呂が良いものを選びました。だから名前に強い意味を込めたとかそういったことがあったわけではなくて、見た目重視と割り切って決めましたね。
  • 司法書士を目指したきっかけを教えてください。
  •  昔から、漠然と経営者になりたいと思っていたんです。お金持ちになりたい!って中二病的な発想で(笑)。ただ何をやりたいとかは全然分からなくて、資格だったらルートが決まっているじゃないですか?必要なステップが決まっているので独立しやすいかと思って資格取得を目指しました。
     司法書士を目指したきっかけは信用力を付けたいと思ったからですね。実は私、通信の高校卒なので、ただの通信出の人が何か物を売りに来ても誰からも信用されないなと思ったんです。資格を持っていれば社会的な信用力を付けられるし、資格が難しければ難しいほど信用力が高いと思って司法書士を目指しました。
  • どんな思いで開業しましたか。
  •  やるからには絶対日本一になりたいと思って開業しました。
     司法書士業界で有名な事務所さんを超えるような事務所を作りたいと本当に思っています。今は足元にも及ばない、足元すら見えないですけどね(笑)。日本一といってもいろいろありますが、まずは日本一有名な司法書士になりたいと思っていますので、いまはSNSを積極的にやっています。
  • 事務所業務として工夫されていることはありますか。
  •  他の事務所と差別化するためにSNS やYouTubeを活用しています。
     司法書士として長年業務をされている先生と同じ競い方をしても、いつまでも勝てないのでSNS やYouTubeを活用することで、他とは違う層にアピールできるんじゃないかと思っています。また、お客様に登記屋さんっていうイメージを持たせないように登記以外の周辺の物事をアピールしていますね。司法書士業の新しい市場を開拓したいんです。
     いま司法書士業界では、仕事をAIに取られるっていうネガティブな話がありますよね。最近では会社設立が簡素化されて一般の人向けの会社設立システムなんかもあるようですし。そう考えると、もしかしたら5年後は登記の仕事はもっと減っているかもしれません。ですから、ネットでの発信でも登記はお任せくださいだけではなくて、良かったら契約書見ますよとか、司法書士だけどこういうこともできますよと伝わるように工夫しています。
  • 開業予算はいくらくらいですか。
  •  正直、全然お金は持っていなかったので、知り合いから100万円借りてきて開業したんです。お金貯まったら開業ってケースも多いと思うのですが、私はすぐに開業したかったので。
     実際に司法書士事務所の開業のために使ったのは結局30万円くらいでしたね。元々パソコンは持っていたので、2万円くらいのプリンタと司法書士会登録費用が約10万円、あと事務用品などはアスクルで色々買って8万円くらい掛かりました。あとはホームページに10万円くらいですね。
     運転資金について、あまり考えていなくって、今考えると結構何も考えずに動いていたと思います。
  • 勤務期間1年未満ということですが、実務にあたって不安はありましたか。
  •  不安はありますが、大丈夫だと思っています。
     私は試験に合格する前から「9月に開業する」って決めていたんです。3月まで研修なので9月までは実質6ヶ月しかありませんでしたが、その間で何を学ぶかは決めていました。
     勤務先は自分で営業して取ってきた仕事を自分でやっていいよという事務所でしたので、そこで仕事の取り方も覚えましたね。そこで気づいたのが、中で学ぶことだけじゃなくて外で学ぶこともいっぱいあるなって。働いた年数よりも何を学んだかが大事だと思うので、漠然と3年やっているのと、9月に独立しようと思って6カ月勤務したのとでは、密度が違うと思っています。確かに、わからないことはありますが、もともと司法書士事務所で働いている同期も多いので、わからないことは同期に聞いて解決しています。
  • ご開業から順調なお話でしたけれども、苦労話や失敗談などはありますか。
  •  苦労話はありません。超ポジティブなんで(笑)
     まあ強いて言うなら実務経験が圧倒的に足りないことですかね。事務作業的なところにもつまずきますね。切手を買いにいくのも、宛名を書くのも、法務局へいくのもすべて自分。すべて自分で動くので要領が悪くて慣れるまで苦労しました。勤務は環境が整っていたのでいかに恵まれたところにいたのか身に染みて分かりました。雑務を定型化し、いかに効率化を図るかを考えることも独立ならではの醍醐味ですので、少しずつ慣れていけばいいでしょうとやはり楽観的です(笑)。また、こういう見た目なので、法務局に行くと資格者に全く見られなくて、法務局の方に「君も資格とったら分かると思うけどこれはこうだからね」って、言われちゃうんです(笑)
  • なぜ開業と同時にシステム導入を検討したのですか。
  •  実は、前の事務所が法務省の申請用総合ソフトを使っていたんですね。
     ソフトとか入れないんですかって言ったら、今更過去データが多くてソフトに移せないって。それを聞いてやっぱり開業時に導入しないとダメなんだなって思いました。
     また、勤務していた時に物件の入力ミスをしたことがあって、めちゃめちゃ怒られたのですが、当然ミスは許されないので怒られて当然ですが、手打ちでやっていたらどうしてもミスが出ちゃいますよね。しかも時間をかけて何重にもチェックしているにも関わらずですよ。
     でもソフトだったら登記情報から物件情報が入るので間違いもないですし、死ぬほどフォルダを作って管理しないでも済みますよね。やっぱり私たちの仕事はお客様の信用が大事なので、入力ミスみたいなことで信用を失ってお客さんがいなくなることを考えると、それをソフトでカバーができるなら入れない選択肢はないと思います。
  • 数あるソフトの中で、“権”を選んだ理由はなんですか。
  •  一番有名で、一番使われているからですね。
     実際、同期とか先輩にどのシステムが一番いいか聞いたら、“権”がダメだっていう話を聞いたことなかったんですね。正直言うと自分の判断で“権”のこの機能が良いというよりは、「一番有名」で、「一番使われている」という他の司法書士の方たちの客観的な評価こそ間違いないって思っていました。ちょっと違う話になりますが、予備校を選んだのもその基準だったんですよ。予備校っていっぱいあるじゃないですか、その時に一番合格者を出しているところにしようと思ったんですね。それが間違いないっていう私の基準ですね。システムが高い安いっていうのは、比較対象にしていなかったです。一番みんなが使っていて、いい物を選びたいっていう基準で選んでいます。
  • 最後に新人司法書士へ一言お願いします。
  •  まずは、やってみてから考えるというところですかね。
     私も9月に独立するといって仕事を辞める話はしたものの、実際ノープランでした。でも辞めてからは9月の独立に向けて準備をするしかありませんでしたし、そうやっていざ動いてみるといろいろなことが回っていきます。正直、今は毎日めっちゃ楽しいんです!
     資格者としてどっぷりと実務の世界に浸かっていない今だからこそ、将来どうなりたいのか明確なビジョンを描いて持ってほしいです。とりあえず3年働く…とかではなく、もっと具体的に。3年間働くならその3年間で何を学ぶのか。実務は経験で必ず身に着くので、それよりも代表の営業活動、クライアントとの付き合い方、補助者の使い方など。
     組織をみるという意識を忘れずに、そして迷ったらやってみる。当たり前のことしか言えないけどこれに尽きると思います。まずは動いてみて何かやってから考えるというのもひとつのやり方かなと思っています。

Page Top↑